スポンサーサイト

  • 2016.06.29 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    すてきな偶然 『内藤ルネ展』with志茂田先生

    • 2012.05.31 Thursday
    • 14:29
    いま、 ハパルコPART1  で、『内藤ルネ展』をやっています。


    わたしは、このイベントのFM東京で流れるラジオCMの
    ナレーションをやらせていただいています。


    収録が終わってから、展覧会に行くのをとても楽しみにしていたのですが
    サイトのこの絵見ていたら、ふと、志茂田景樹先生を思いだしました。

                  



    さっそくご連絡してみると、


    子供のころからお好きだったこと
    また、なんと、このイベントのレセプションにお招きされていたのに
    お仕事の都合で欠席されていたとのことひらめき


    びっくり!  しました。


    そこで、まだ、ごらんになっていないということで、
    ご一緒させていただくことになりました。

    当日は、パルコの江尻さんのご配慮で、
    特別に写真撮影も許可していただきました。


    どうぞ、かわいくてちょっと不思議な世界をごらんください。


    なお、わたしは、デジカメの撮影モードを間違えてしまい、
    小さくしか掲載できない写真を撮ってしまったので悲しい

    Truth元祖スタッフのひとり、ひろみんが撮ってくれた
    写真もあわせてアップします。


    お楽しみが減ってしまうといけないので、
    あえて詳しくはいいませんが、
    いろんな仕掛けがあって、本当に楽しいですよハートのエース


    実際に見る絵の素晴らしさも、雰囲気も、
    ぜひ、味わっていただきたいです。


    かわいくて、楽しくて、びっくりするけどほっとする空間なので、
    ぜひ、みなさまお出かけくださいハート

    6月4日まで開催されています。


                   





                    


       






                    


                        




    赤い旗青い旗ハンガリーレポート『ハンガリーウォーターの伝説』はこちらです赤い旗青い旗



        

                  
                                    

    おいしいパンに縁のある日 改題『パンの日』

    • 2012.04.12 Thursday
    • 10:10
    きのう、 大手雑誌社の方とイベントの打ち合わせをしていて
    (イベントについてはそのうちお知らせしますね♪)

    五反田の 「パン屋さん」情報も やりとりしていましたパン
    さすが、日本を代表するような女性誌出版社の方。

    とてもおしゃれなお店を教えてくれましたグッド


    「パン オ フゥ」http://www.painauxfous.com/

    「BAKERY SUGI-NO-KI」http://sugi-no-ki.com/



    灯台下暗し!
    わたしは、これから行ってみようと思っていますおてんきパー


    わたしがおすすめしたのは

    「畑田パン店」

    http://r.tabelog.com/tokyo/A1316/A131603/13089642/

    午前中の早い時間に売り切れで終わっちゃうし、
    毎日営業してないので、幻の店!?とも呼ばれています。


    そして、昨夜は電通さんのお仕事で、
    赤坂のスタジオにはいっていたのですが、
    帰りに新富町のプロダクションの監督さんから、
    こんな差し入れをいただきました。

    『ハムカツ』パンです。

    パンがやわらかくて、ハムカツってやっぱりおいしくて、
    とっても嬉しかったのですけど、
    わたしが注目したのは、レトロなこの包み。

                  



    ラップで包まれたうえに、
    この紙にさくっつ包まれているのですが、
    コピーがすてきです。


    『元祖とんかつ コロッケ』。
     

    『銀座名物』  そうなんだ〜!


    『衛生優良店舗』

    いいですね。四葉のクローバーが安心感に花を添えています。



    『本場之牛豚肉』 

     ・・・!?






    本場って、どこだろう。


    気になる〜ハート


    でも、とにかく、本場の牛豚肉の ハムカツ おいしかったです。

                  

                  
                  
    また、共演した役者さんが頂いてた コッペパンも気になりますので、
    こんど、わたしもスタジオ行く前に行ってみるつもりですおはな


    追記ハートのエーススペードのエース

    この記事をアップして、ふとカレンダーを見たら、
    なんときょうは 

    『パンの日』パン!パン!パン!

    なんか、背筋がゾワ〜っと(することもないんですけど、)
    そんな日があるとも、全然知らなかったので びっくり!

    なんの意味があるのかわからないけれども、
    どうりで、パンネタ!?が集中したり、珍しくブログアップ汗
    したわけだ!?ニョロ


    最近、『偶然大魔王』パクッ
    ますます拍車がかかっている毎日ですよつばのクローバー


    赤い旗ハンガリーレポート『ハンガリーウォーターの伝説』はこちらです







    プラネタリウムで発見!

    • 2010.12.26 Sunday
    • 17:27
    めずらしく年内に書き始めた年賀状。
    (いつもと違うことをすると、不思議なことが起こる?)

    ふと あるひとりのお名前に目をとめる。
    ちょっと待て、『宛先』変わってる気がする。
    リストから、一時はずす。



                  *  *  *
     
    きょうは日曜日。
    午前中から旗の台に用事があった。
    思った以上の成果に足取りも軽く楽しい
    思わず戸越銀座で池上線を降りて
    買い物をして歩いて帰ろうと思った。

    でも、なぜか なんとなく気が進まない。

    とにかく五反田まで歩いて帰ろう!
    と手をふりふり元気に進んでいくと、
    ふと、図書館がリニューアルオープンしたことを思いだした。

    わたしの通ってた幼稚園のそばの「五反田文化センター」だ。
    ちょうど、帰り途の途中にある。

    よ〜し!まだできたばかりの新しいビルに、
    ウキウキしながら、はいってみると、

    なんときょうは週末なので、同じ建物内にある、「プラネタリウム」の上映がある。

    そういえば、ケーブルテレビ品川でやってたのを思いだした。

    このプラネタリウムには小さい頃から通っているので
    どんなにきれいになったか見てみたいし、
    以前、他の場所だが、プラネタリウムのナレーションもさせていただいたこともあり、
    さっそくチケットを買って本やCDを借りながら、待つことにした。


    久しぶりの図書館で、少し欲張ってしまった本を抱え
    早目に会場に着くと、プラネタリウムの前はまだ誰もいない。

                   

    日曜日に、こんな静かなきれいなところを独占して
    のんびり本を読んでいるなんて なんて幸せ!
    と思いながら、開演を待っていた。


    しばらくすると、開演10分前。いつのまにかたくさん人も並んでいる。
    扉があいて、一番後ろの席に座った。

    中の大きさは 前のときのリニューアルが凄かったので、
    あまりわからなかったのだが(シートが座布団→椅子くらい)
    リクライニングシートに背中を預け、真上をみあげると
    わくわくする。

    前半は、担当のお姉さんの解説で見る、品川の空に見える星たちの紹介。
    とても親切で、やさしい説明だった。いい回しもかわいらしい。
    わたしは はじめて星の位置を正確に知った。
    名前もふたつ覚えた!

    そして、後半は番組が放映されるのだが、
    こんどは「ほんわか気分」もぶっとび、かなりの迫力。

    はじまる前に、「映像が動きますので、気分が悪くなった方は目を閉じて・・・」
    というアナウンスがあったが、大袈裟な。とタカをくくっていた。

    ところが、びっくり!
    まず、わたしは椅子や会場がうごいているのかと思い、何度も周囲を見回した。

    そして、「それでは地球から離れて宇宙に出てみよう!」(一気に宇宙にあがる)な瞬間や、
    「星が爆発しました!」ときなど 思わず手に汗をにぎり、少し背中が椅子に張り付いた。

    いやあ、たった200円でDVD借りるより安くて
    わたしからしたら、遊園地と変わらない迫力だ。

    しばしの宇宙旅行から戻り 
    景色は品川の町に戻ってきた。

    街を映した小さなパノラマに 星が消えていく一抹の淋しさを感じつつ、
    しみじみエンドロールを見上げていると、



    ほんとの驚きはここからだった。




    あ!


    ・・・え?


    え〜〜っ!?



    なんとそこに映しだされたのは


    あの『宛先』の名前だ!!

    冒頭の、 年賀状の『宛先』を探していたひとだ!!!!!

    な〜んと その方は、この作品のスタッフだった。
    いま、 見上げた空に 名前が映ってる。・・・流れてる。


    わたしは終演後、恐る恐る 解説のおねえさんに
    声をかけた。

    あのう・・・エンドロールに・・・すみません、
    いま、年賀状を書いていて・・・あそこに、宛先のわからない方のお名前が出てて・・・すみませんが、教えていただいても。。。

    しどろもどろのじぶんの言葉の怪しさに 
    あわてて、プラネタリウムのナレーションを
    やったことがある旨を告げたが、

    さすが、宇宙のお話をされてる方!?
    わたしの突拍子もないお声掛けにもかかわらず、
    思ったより驚かれずににこやかに資料を探してくださった。

    彼女は「すみません、エンドロールだけ、写すことができないので・・・」と
    恐縮していたが、

    もちろんだ・・・!  

    そして、ありがたく、さっそくエンドロールとおなじ内容を拝見させていただくと、

    やっぱりその方だった。


    「会社変わってる!?」
    わたしは首を傾けながら、あごをなでた。(誰キャラ)

    なんで、こんなところで、解決&納得してるのかわからないが
    ともかく、ここ数日気になっていた『宛先』を発見したのだった。


    しかし、セレンディピティはまだ終わらなかった。

    その解説のお姉さんは なんと、同じ地元で、近所の小学校出身。
    (思いがけず、そんなおはなしまでしてしまった。)

    やはり 小さいころから、このプラネタリウムに通っていたそうだ!
    (さすがに座布団の時代は知らず。)

    しかし、地元とはいえ、わたしは五反田出身なら、たいていどれかにあてはまる日野小(第1〜第7くらいまであった気がする)
    出身で、私は第3だったのだが、残念ながら、彼女は違う名前の学区だった。

    第3日野はなぜか他の日野小に会うとえばってるので笑、
    (池田山の真ん中にあり、五反田の学習院?と呼ばれていた笑)

    そっか〜、思わず今回は 「へへ〜ん」とできなくて残念だなあ!
    と思った瞬間、

    「あ、そうなんですか!?じつはわたし、こちらに来る前に第3日野の先生だったんです」

    まあ〜!?!?

    かわいらしいかんじだったので、お姉さんなんて言ってるが、
    母校の先生だった〜 !!!!!



    わたしの好きなはなしのひとつに、
    「偶然が重なるときは、神様がうまくいってるよ。といってるしるしひらめき
    というのがある。

    いやあ、なんだかわからないけど、宇宙は不思議に満ちている。
    近所のステキな小宇宙で、大きく感動した一日だった ハート


    しかし、これには後日談がある。
    家に帰ってから、名刺入れを確認した。
    お名刺をいただいていた。
    住所も会社も変わってないようだった。


    いったいなんなんだ?わたしはなんで、
    ふと気になってリストからはずしていたのだろう。
    たまたまプラネタリウムに行って、びっくりするため!?
    いやあよくわからないけど、とっても楽しい プレゼント


    nextnextnextしかし、またまた後日、新事実。

    会社のお名前が ふたつあって、やっぱり、
    わたしはプラネタリウムに行かなければ、
    宛名不明で戻ってきてしまった可能性が判明 鳥

    よかった。 きっと、今年はちゃんとお届けできるはず OKグー 
                  
                  


    ソフトクリーム 雪 ソフトクリーム 雪 ソフトクリーム 雪 ソフトクリーム 雪 ソフトクリーム 雪 ソフトクリーム 雪

    冬もつやつやほっぺ。 
    赤りんごリジュベクリーム

     ハンガリーレポート『ハンガリーウォーターの伝説』はこちらです。

    エンパス☆つづき

    • 2010.09.18 Saturday
    • 10:28

    前回の「エンパス」のはなし (9月15日「その疲れはじぶんの疲れ?」)
    には 後日談があります プレゼント

    半年かどのくらい前だったでしょうか?
    わたしが「エンパシー」というこの本を買ってすぐ、
    それこそ 「共感」できることも多かったので、

    ふと、 お客さんの「気」も影響しがちな
    (お客様の疲れや気もちを受けやすい)
    エステティシャンにも参考になるのではないかと思って
    仲良しのエステサロンに 本を持ってまつげパーマをかけにいきました。

    いつもお世話になっている彼女も興味をもってくれたようで、
    さっそく購入してみるとのことでした。

    そして 3日後くらいでしょうか?
    その彼女から 連絡がはいりました。

    その内容は 驚愕の内容でした!


    なんと、 「エンパシー」の翻訳者「埴原由美さん」から、予約がはいった! というのです ワッ! びっくり

    もちろん、偶然です。

    彼女のお店は 口コミのお客様も多く、 宣伝とかもしてなくて、
    広尾の閑静な通りにすてきな手書きの看板が出ているだけ・・・
    といった風情の隠れ家サロンです。

    でも埴原さんは誰からのご紹介でもなく、たまたま通りかかって
    その看板を見つけたようでしたひらめき


    「お電話をいただいた時 珍しいお名前だから、
    あら?っと思ったのだけど、
    いらしたときにちょっと伺ったら、ご本人だったんです〜!!」


    いま、そのはなしを聞いた瞬間を思いだしても、
    鳥肌がたちます。

    だって、ほんとに、そんな、二日後に突然。。。!
    (いまだにええ〜っ!?です笑)



    埴原由美さんによると、
    たくさんのご本を翻訳されてるそうですが、

    この本も、「思い当たるひとにはいいみたいよ☆」とのことでした。

    翻訳者直々に本のおはなしを聞けるなんて!!ワッ!嬉しい

    ちなみに、 共感力が あることで、とてもいい側面も
    書いてあります。
    あわせて、なるほどと思ったり、ほっとする方も
    いらっしゃるかもしれません ハート

    ご興味のある方は ぜひチェックしてみてください。




               


    よつばのクローバー よつばのクローバー よつばのクローバー よつばのクローバー よつばのクローバー よつばのクローバー よつばのクローバー よつばのクローバー よつばのクローバー よつばのクローバー

     秋の艶肌はここから。しっかり潤ってとりもどしましょう。  リジュベクリーム

     ハンガリーレポート『ハンガリーウォーターの伝説』はこちらです。

      






    セレンディピティはあるんです。

    • 2010.01.29 Friday
    • 09:29
    さいきん、めっきりセレンディピティの記事が少なくてすみません。


    ほんとは反対です。
    周囲にびっくりされるくらい、毎日 偶然 偶然のオンパレードです。


    このひと(女性)いいな〜!と思ったら、すっかりキレイになった同級生だったとか、

    また他の同級生なんですが、わたしが新年会にいったら
    ホテルのとなりのお部屋で、パーティーしてたとか、

    どうしてるかな〜と思ってた親戚にばったり会ったとか、

    ある知人に、友達をご紹介しようと思ってたら、
    偶然お知り合いになってたとこだったとか。。。


    そんなおはなしなら、どんどんのせればいいじゃない?
    ってかんじなんですが、

    うえからふたつの同級生たちは最近テレビにしょっちゅうでてるし、
    親戚は文学賞とって注目されてるし、
    最後の件に関しては、朝日新聞の記事に二人が写ってる写真がでてたので、
    お〜つながってた!というかんじだったので、

    ブログって、肖像権とかきっといろいろ聞かなくちゃいけないんだよな〜。
    と思って、まいいか。。。となっていたわけです。


    というのも、ごはんたべてるときとか、
    みんな全然変わらずフツーなので(フツーすぎ)

    「きょうのことブログにのせていい?」なんてことは
    まったく思いつかなくて、

    「超ぐ〜ぜ〜ん!!」

    とか本人たちだけで盛り上がっておわっている状態です。


    でもふと、 

    「今夜出る番組録画して」(なぜなら本人は私が幹事補佐のクラス会.笑)
    とメールがきたり、新作をメルマガなどで読んだりするとき、

    これってもしかしたら、
    微力ながら、わたしももっと宣伝させていただいたりしたほうがいいのかな〜
    みなさんにも自慢したりしたほうがいいのかな〜
    なんて思ったりもするのだけど笑


    でもな。

    たぶんむかしばなしやくだらない話で
    げらげら笑ってまた忘れてしまいそう ハート




    よつばのクローバー よつばのクローバー よつばのクローバー よつばのクローバー よつばのクローバー よつばのクローバー よつばのクローバー よつばのクローバー よつばのクローバー よつばのクローバー

     老化は酸化から.
     ブルーOXYで、新しい年はさびない肌! 頬つやつや。

    ひさしぶりにきました〜!

    • 2009.11.06 Friday
    • 22:17
    久しぶりにきました〜!


    前回にひきつづき、 魔女ネタ!?です。


    先日

    ある本を持って、魔女友!?(彼女はエステティシャンなので、もちろん
    お客様をきれいにする魔法もかけられます笑♪)のところにでかけました。


    彼女にも関心があるような内容でしたので、
    「一緒に読もうよ〜!」 なんて盛り上がってその日は帰りました。



    ・・・そしたら 三日後の朝 メールがあって、

    「あの本 の翻訳者さんが きのうきました〜!」

    と書いてあります。


    「へ!?」

    と思ったら、 わたしの持って行った本を訳された方が、

    偶然! お店にみえたそうなのです。


    彼女のお店は 素敵な隠れ家サロン。

    どういった流れで その方がお店をみつけたのかわかりませんが、

    ご予約のお電話をいただいたとき、どっかで聞いた名前だな〜

    と思ったら、 わたしが持ってきた本に あったお名前だったそうです





    ひぇ〜!


    意味はわからないけど びっくりしました〜!

    でも、一説によると、 偶然が起こるときは、

    「いま進んでる道はあってるよ。」

    という、神様のサインだそうです。




             
    このひとは、 ハンガリーの工場視察にいったとき、
    初めてお目にかかった代表が お食事の席でプレゼントしてくれたものです。

    なんかラッキーなお守りみたいな意味があったと思うのですが・・・ハート


    わたしをサポートしてくださってる エステ界の大先生もいただいて、

    (彼女はもちろん! いっぱいすてきな魔法をもってるので♪) 

    思わず、ふたりで目をあわせて笑ってしまいました。

    IKKO さんとエマール

    • 2009.04.04 Saturday
    • 04:22
    わたしは先月 韓国に行ってきました。

    一緒に行く友人に、 よく勉強するように!と、
    IKKOさんの韓国の本を渡され すこしづつ眺めていたものの、
    あれは旅立つ何日前だったでしょう・・・?

    ふと テレビをつけると そこには 
    ハンガリーの「セーチェニー温泉」らしき場所が湯気をたてて写っており、

    この温泉のクイズに答える
    IKKOさんの姿が・・・。


    答えは「お風呂の中でチェスをする」だったんですけど、
    IKKOさんが、

    「わたしここ行ってみた〜い!」

    といってたので、
    温泉の成分でできたものなど、化粧品もすっごくいいですよ☆
    と思わず、HPからメールしちゃおうかと思いました!


    でも、最近できたという華やかなブログは、
    相変わらず、アナログなわたしには、
    どこからメールしていいかとか よくわからなくて

    そうこうしているうちにソウル出発になってしまったので
    ま、いっか・・・と思って IKKOさんのご本を持って
    羽田を出発したのでした!

    本を貸してくれた同行の友人には 
    かねがねそんな話もしてたので、

    「まみちゃん、そんなこといってるとまた会っちゃうんじゃな〜い!?」

    なんていわれていたのですが (また、彼女のいうことはよく当たる)

     そんなことはすっかり忘れて韓国滞在三日目。

    午前中にノース・ビーチという革屋さんへでかけました。


    ホテルからのタクシーは、日本語がめちゃめちゃうまい
    親切な運転手さんに当たったので、次の場所までいく間
    車で待っててもらうことになりました。

    (彼は3月から設立される ソウルの、新・観光タクシー会社で、
     模範タクシーのドライバー50人のひとりに選ばれたそうです。

     最初、ペラペラとは知らずに、ローライズとタンガのはなしを
     思いっきりしてたわたしたち!
     思いもよらぬところで、パンツの好みを暴露していたとは・・・(恥))



    そして 急いで、お店にはいると いきなり


    「IKKOさんだ〜!」


    との声が・・・。



    とはいえ、明洞にはIKKOさんのポスターがあちこちに
    はってあるので、きっとそれのことだろう・・・と思っていたのですが



    うそ・・?  うそ!?   ほんとに〜〜〜〜!?!?


    ほんとに いたんです。 IKKOさん!!!!



    ひゃ〜! びっくりしました!


    鳥肌たっちゃって 思わずともだちと 顔見合わせて 

        「ほんとに・・・!?・・・ほんとに会ったよ!!!!」


    でも、驚きのあまり、言葉は出ませんでした。


    撮影中のIKKOさんはとてもお忙しそうでしたが、
    頼まれると、ひと組づつ、
    「どんだけ〜!」といって写真を撮り、
    わたしたちが日本からもってきた あの本が
    あちこちから出されるなか、
    名前を聞きながらていねいにサインしてました。

    どうやらお時間が押してるらしく、
    スタッフのみなさんはテンパッていましたが、
    IKKOさんは いやな顔ひとつせず、
    そのひとつひとつの所作というか 堂々とした態度は 
    IKKOさんには申し訳ないけど

    最近会った男性の中で、いちばん男らしくてかっこよかった〜!


    タクシーに戻って 興奮冷めやらぬ声で、
    「IKKOさんて知ってます!?いま、いたの!」と
    運転手さんに叫ぶと、

    「このひと・・・?待ってる間に 新聞で読みました。」
    とのこと!

    どうやら、その日(か前日!?)に
    観光大使に就任されてたのでした!

    こちらが 運転手さんが記念のおみやげに。。。と買ってきてくれた
    その日の新聞です。


    いっしょに撮ってもらった 「どんだけ〜!」写真は 
    ご本人の許可がないとNGかもしれませんので、
    ひとまずこちらと きれいな お御足カットを載せておきますね。




    そんなことを書いてたら テレビからエマールのコマーシャルが・・・。

    IKKOさんのおはなしとは なんにも関係ありません。

    ただ、このナレーション わたしです。

    http://www.kao.co.jp/emal/

    フジコ・ヘミング  ソロコンサート

    • 2008.10.08 Wednesday
    • 17:08
    6日月曜日に 「フジコ・ヘミング」さんのソロ・コンサートに
    行ってまいりました。

    実は二回め。最初は四月でした。

    ずっと、チケットが取れないと思っていたフジコさんのコンサートに
    行かれたのは、ほんとにひょんな偶然からでした。

    それは、まだ春浅い寒い日、お客様から、
    「フジコヘミングさんのおうちからもらった猫を飼っているのよ。。。」
    というお話しを伺った夜でした。

    家に戻ると、郵便受けに、「フジコ・ヘミング ソロコンサート」の
    ハガキが届いていたので、まあ!偶然!今日 フジコ・ヘミングさんのおはなしをきいたばかり!とびっくりしたのですが、なぜか送り先に心当たりがありません。

    チケットの申し込み先にお電話をしてみると、
    反対に「どなたのご紹介ですか?」と聞かれたので、
    「わたしもよくわからないのですが、はがきには、スタジオcolombine と書かれています。」といいますと、
    先方は 
    「あ!ウルフですね!? 」
    ウルフ?ますますよくわからない状況です。。。

    はあ・・・といったまま、もちろんチケットの予約をお願いしたのですが、
    フルネームは「大月ウルフさん」。
    なんとなく、聞き覚えがあるような気もするけれども、どなただったかしら。。。すこし、狐につままれたような気持ちで、お名前を
    ネットで探してみることにしました。

    すると、なんと、大月ウルフさんは、フジコさんの弟、そして、ウルフさんは、わたしの同級生 大月壮太くんのお父さんだったのでした。


    当日 会場に行くと、やはり、大月壮太くんの変わらぬ懐かしい姿が!

    思わず、声をかけると、「岡本さん!?どしたの?」
    「え〜っ!?おはがき壮ちゃんが送ってくれたんじゃないの?」ときくと、
    なんと、お父様の事務所に、桐朋のころの名簿があって、それでたまたまわたしにも届いたようだとのことでした。

    お客様の猫ちゃんからの一連の偶然に、壮ちゃんも驚いて、
    びっくり!素敵な再会になりました。


    公演がはじまり、フジコさんが舞台に現れると、
    それだけで訳もなく涙が出そうになりました。

    天使が舞い降りたかのようなやさしい雰囲気です。

    素晴らしい演奏とスタンディングオベーションと歓声のあと、
    壮ちゃんが、恐縮するわたしを、楽屋に連れていってくれました。

    「おばさ〜ん!ぼくの同級生のおかもとさんだよ」

    壮ちゃんの透き通るような綺麗な声で、そうご紹介いただき、

    (世界のフジコ・ヘミングが、今日からそうちゃんのおばさん。。。!?)


    わたしはそっと、そのやわらかい手で握手をしていただきました。

    そして、いただいたサインに、かわいいキスマークも♪

    天にも昇る感激の一瞬でした。


    これが4月のコンサートの素敵な事件です。

    その夜、ハンガリーの曲も演奏されていたので、
    10月6日は、そのときにふと思い出した、
    いつもとてもお世話になっているハンガリー大使館の方もお誘いしました。

    6日もブラームスのハンガリー舞曲が披露されました。

    ラ・カンパネッラ はもちろん、すべてが素晴らしく、舞台のお花までが
    いきいきとしてくるようにさえ見えました。

    またまた感激の夜となりました。

    塩浜クロウスタジオの駐車場で。

    • 2008.09.29 Monday
    • 20:46
    今日はテレビCM のナレーションで、クロウスタジオにいってきました。

    雨で駐車場はいっぱい。

    どうやら、前の通りのメルセデスも止めれなくて困っているようです。
    そこへ、ナイス!車が一台、出庫しそう!すかさず入れようとしたら、
    安全十字のマークを肩につけたおじさんが、「ダメダメ!」といって
    いれてくれません。

    前の通りから進入してきた、さっきのメルセデスを誘導しています。

    やっぱり日本人のおじさんはレディファーストもなにもないなあ。。。と
    がっかりしていると、メルセデスの運転手おじさんは、
    わたしに気づいたのか、入庫を躊躇しているようです。

    しかし、ざあざあ雨のなか、傘をさして必死に手をふる「十字おじさん」に
    いわれるがまま、そろそろ・・・としかたなさそうに車をすべりいれました。

    あ〜あ。。さて、わたしはどうしたものかと思案していると、
    こんどは「十字おじさん」が私に何か叫んでいます。

    「なんですか〜!?」と答えると、メルセデスの後ろに止めろとのこと。
    なるほどそこなら、枠外でも邪魔になりません。

    わたしは駐車場を一周し、なんとか車をとめると、自分も無事駐車!
    わたしの駐車も無事見届けて、まるで安心したかのように、
    先のメルセデスのおじさんも降りてきて、わたしににっこりと微笑むではないですか。


    その笑顔はなんと、「ボールド!」 具志堅用高さん!

    びっくりしながらも、わたしも思わずにっこり微笑み返しました。

    一見、ベンツの俺様な!オヤジにみえたのに(だってほんとに、おひげにパンチ)妙におずおず申し訳なさそうに駐車されてたのは、
    具志堅さんの優しさだったのでした!?(たぶん)

    実は出掛けに、たしかワイドスクランブル かなにかで、BEGIN がでていたのですが
    「自分たちは、地元のヒーローじゃない、ヒーローは具志堅さんだ!」

    といっているところを見たばかりでした!
    それで、車で着いたら、いきなり「沖縄のヒーロー」具志堅さんが現れて、ほんとにびっくりしました!

    とはいえ、今日は晴海通りが渋滞!具志堅さんも、事故渋滞!とおっしゃっていたので、どうやら、お互い ギリギリ到着のようです。

    それ以上はおはなしもせず、お互いのスタジオに向かいました。

    普段から、有名人の方に、ほぼノーリアクションなわたしですが、
    今日は、写メお願いしたかったな。

    ほんと素敵な笑顔だったのですもの。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM