スポンサーサイト

  • 2016.06.29 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ヒバも、ひのきも、発音できません。

    • 2016.04.22 Friday
    • 09:46

    今朝 とと姉ちゃん を見ていた。

    浅草・駒形の母の実家も近くに材木屋さんがあった。
    商売をしていた祖父が、蔵の前で半被を着て、
    お店のみんなとずらっと並んで、腕を組んでる写真もずっと飾ってあったので、
    毎朝、懐かしい気持ちで楽しみに見ている。

    ところが、今朝、おもわず、『おや!?』と思ったことがあった。

    それは、 とと姉ちゃんの おばあさまが、ひのきの納品をヒバでごまかそう
    とした、従業員を叱る場面。

    注文は、ひのきじゃなくて、ひば! なにやってんだい。

    って話しなのだけど、

    これが、何百年お江戸で続いている老舗のおばあちゃまなのに、
    『ひ』の発音がとてもきれい。
    叱られてる半被姿の若い衆もそう!

    みんなで、ヒバとひのきの 『ひ』 を正確に発音しているのだ!
    こりゃ、全員江戸っ子じゃねえな。と見た。


    小学生のころ、 わたしは漢字が大好きで、
    1問、1点の
    200満点テストを、とてもたのしみにしていた。

    ところが、戻ってきた解答用紙は199点。

    なにを間違えたんだろうと、見てみると、

    『鄙びた』  の読み方に×がついている。

    わたしの回答は、  『しなびた』
    自信を持った回答だった。

    なんだ、あってるじゃない!?と、先生に伺ってみると、

    「岡本さん、それは、<ひなびた>と読むのよ」

    と、にっこり笑ってお答えになった。

    「え〜〜〜〜!?!?」

    わたしは、恥ずかしさで、真っ赤になって、
    猛ダッシュで、家に帰り母に詰め寄った。

    「ママ、これ、『しなびた』 って教えてくれたじゃない!
    『ひなびた』じゃない!
    ちがうじゃない!!わたし200点とれたはずなのに!
    ママが教えてくれたとおりに書いたのに!!」

    もう、悔しさで泣きそうな勢いである。

    母は、答案用紙をじっと見つめている。
    そして、ゆっくり顔を上げると、目に涙を浮かべていった。


    「だって、ママ、お家の誰も、

    『ひ』 (必死に意識していおうとすると、『へ』に近い発音になる。)

    って、いえないし、お家のまわりのひとも、学校の先生も、

    みんな『ひ』 っていえないんですもの。。。。」


    わたしが、『ナレーター 』になれたのは、
    一族の奇跡といわれている。

      牛島神社にて

    ❤ アメブロはこちら http://ameblo.jp/truth--japan/  美容のこと  

    りんご あなたのお肌は、塩水に浸かったりんご?浸かってないりんご?
      日差しの強い季節。酸化の速度に立ち向かいましょう。
       Truth Japan
     http://truth-japan.shop-pro.jp/














     

    スポンサーサイト

    • 2016.06.29 Wednesday
    • 09:46
    • 0
      • -
      • -
      • -

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << July 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM